ワンホイール 犬の車椅子 製造販売 大分県

椎間板ヘルニアは、脊髄を圧迫する椎間板物質(髄核・線維輪)の種類により、以下の2タイプに分類されます。

ハンセン1型 髄核 軟性 急性 若年性 軟骨形成異常 小型犬が主
ハンセン2型 線維輪 硬性 慢性 加齢性 非遺伝性 大型犬も含む
犬 椎間板 ハンセン1型 ハンセン2型

1-2 ハンセン1型 (髄核脱出型)(軟性椎間板ヘルニア)

ハンセン1型椎間板ヘルニアとは、椎間板内の背側の線維輪に亀裂が生じ、そこから内部の髄核が脱出して脊髄を圧迫するタイプの椎間板ヘルニアです。

一般的に、軟骨異栄養性犬種が発症する場合が多く、比較的若齢(2~7才)で急性に発症することが多いのが特徴です。

椎間板が変性を起こし脱水→髄核に硝子様軟骨が侵入(軟骨様変態)→ゼリー状の髄核は乾酪(チーズ)状に変質→やがて石灰化。

線維輪に包まれた中心部にあるゼリー状の髄核は、子犬期にはその90%が水分でできていると言わていますが、軟骨異栄養性犬種では、生後6ヶ月以降から、徐々に髄核の水分が抜けていくため、弾力性が失われ硬くなって縮んでいきます。 そうすると、椎間板自体の厚みも薄くなり、衝撃を吸収する能力が低下するため、線維輪のみに圧力が加わるようになり、線維輪が脆くなります。

このような状態の椎間板に強い衝撃や繰り返される負荷が加わると、疲労した線維輪に亀裂が入り、髄核が飛び出して、すぐ上を走っている脊髄や神経根を圧迫して、激しい痛みや神経障害(不全麻痺や完全麻痺)を起こすことになります。

ミニチュアダックスは胸腰部に、ビーグル、シーズー、ペキニーズは頚部に発生しやすい傾向があり、そして犬の頚部椎間板ヘルニアの大半はハンセン1型に該当します。

1-2 ハンセン2型 (線維輪膨隆・突出型)(硬性椎間板ヘルニア)

ハンセン2型椎間板ヘルニアとは、加齢(老化)に伴う疲労により線維輪の内層が断裂し、その中に入り込んだ髄核線維輪を押し上げることで、背側の線維輪が膨らんで脊髄を圧迫するタイプの椎間板ヘルニアです。

主に大型犬種が発症する場合が多く、その多くは成犬~老犬期(8~10歳)に起こり、慢性的経過を辿って徐々に進行することが多いのが特徴です。

椎間板が変性を起こし脱水→髄核に線維軟骨が侵入(線維様変態)→過形成(肥厚)を起こした線維輪が脊髄を圧迫。

ハンセン2型ヘルニアは、線維組織の変性によって最もよく起こりますが、軟骨の変性によっても起こります。

ハンセン1型で大きく脱出したヘルニアは自然に治る

ヘルニアを起こしている椎間板物質が、ハンセン1型の場合は髄核(ゼラチン状)、ハンセン2型の場合は線維輪(軟骨様)のため、それぞれ「軟性ヘルニア」「硬性ヘルニア」と呼びます。

ハンセン1型は、ヘルニアを起こしている椎間板物質が軟性のため、可動性が高く、安静状態が悪いと、症状がグレード1でも数日の内にグレード4へ急変する場合があります。 その反面、軟性がゆえに、安静状態が良いと、白血球中のマクロファージ(大食細胞)が逸脱した髄核を異物とみなして3~6ヶ月で食べてしまう(自然退縮)ため、ヘルニアが自然治癒する可能性が高くもあります。 ただし、髄核の脱出量が増えることで、後縦靱帯を破り、血液にさらされることが条件になります。

ハンセン2型の特徴

ハンセン2型椎間板ヘルニアのように、脊髄への圧迫がゆっくりと慢性的に進む場合、脊髄はとても大きな補完能力を発揮します。 椎間板ヘルニアによる身体機能の不全は、一定の段階(運動失調→不全麻痺→麻痺=補完不可能)を追って進み、圧迫の増加に比例して進行も速くなります。

この場合、急性のハンセン1型のように、全体が一気に傷害を受けるのではなく、「細胞が1つずつ影響を受ける」イメージなので、損傷を修復する時間的な余裕があります。 そのため、症状として現れているのは、損傷の一部の可能性があります(脊髄の状態は、神経学的症状よりもずっと悪い場合もある)。

長期にわたり脊髄が圧迫され重篤な機能障害がある場合には、もはや脊髄が変性しているため、手術が非常に上手くいったとしても回復はほとんど期待できないばかりか、むしろ術前よりも悪化する場合もあります。