犬の車椅子・製作販売 ワンホイール One Wheel

歯髄露出の治療法

歯髄露出(露髄)の治療法には、抜歯と、歯を温存するための根管治療(歯内療法)がありますが、どちらの場合も、全身麻酔が必要です。

破折の発見が早く、周辺組織の損傷が少ないと、根管治療の選択肢がありますが、日常生活で噛む内に、いずれ充填剤(詰め物)は取れてしまいます(運が悪いと1週間で)。 そのたびに、全身麻酔をかけて・・・の繰り返し。

結局、抜歯することが、唯一の根治治療(根本治療)となります。 思い切って、抜歯しましょう。 抜歯しても、犬は人間とは違って、基本的に食べ物を咀嚼しないで飲み込むので、食生活に支障はありません。