犬の車椅子・製作販売 ワンホイール One Wheel

歯髄露出の治療法2-抜歯

  1. 抜歯後、縫合する際に利用するフラップを形成するために、歯肉を剥離します。

  2. 上顎第4前臼歯は、歯根が3本あるため、そのままでは歯は抜けません。 歯をエアードリルで分割する必要があります。

  3. 抜歯後の三根歯の抜歯窩(ばっしか:抜歯後にできる穴)です。

  4. 抜歯した部分の歯槽骨を研磨し、出血や細菌感染予防のため、フラップをかぶせて、
    抜糸が不要な溶ける糸(吸収性合成縫合糸)で縫合します。