犬の車椅子・製作販売 ワンホイール One Wheel

人間用の歯磨き剤は使用しない!?

人間用歯磨き剤は、薬事法に則って、歯面・口腔および消化管に対する安全性を考慮して製造されています。 研磨剤が入っていようと、いわゆる歯面を削るようなこともありませんし、飲み込んでも胃腸に悪さはしません。

なので、人間用歯磨き剤を犬の歯磨きに使用しても大丈夫だと思いますが、人間用歯磨き剤に入っている研磨剤や発泡剤を犬が飲み込むと、消化管に良くないとまことしやかに言われていますが、その根拠は分かりません。

いろんな謳い文句で高価な犬用歯磨き剤が販売されていますが、問題なのが人間のように法律で保護されていないということです。 人間世界では健康被害があれば、法律により罰せられますが、犬にはそのような法律がありません。

歯磨き剤はあくまでも補助的なもので、歯磨きで重要なのは、適切な歯ブラシで適切なブラッシングをすることによって、物理的に歯面の汚れを掻き落とすことです。 必ずしも歯磨き剤を使用しなくても構いません。

陥りやすい過ちは、歯磨き剤を過信して、歯面のブラッシングをおろそかにすることです。 ネットでは、歯磨きをしなくても「これを付けるだけで歯石が落ちる」みたいな商品が売られていますが、そんな魔法の歯磨き剤が実在するならば、テレビCMで宣伝すれば、何百万人のペットオーナーが飛び付くはずだと思うのですが・・・。

日本歯磨工業会(JDMA


人間用歯磨き剤の業界団体である日本歯磨工業会のホームページでは、歯磨き剤の安全性や効果などが詳しく説明されています。Read More »