犬の車椅子・製作販売 ワンホイール One Wheel

歯垢と歯石の違い

歯磨きが不十分だったりすると、食べかすや唾液中の成分が、歯の表面や歯肉溝に溜まるため、口腔内の常在菌が繁殖し、歯垢(プラーク=黄白色を帯びた粘着性の細菌の塊)ができます。 歯の表面を触ってみてヌルヌルベタベタしていたら歯垢が付着していると考えられます。 歯磨きの目的は、この歯垢を取り除くこと(プラークコントロール)にあります。

歯垢を放っておくと、唾液に含まれるカルシウムやリン酸が歯垢に沈着することで、次第に石灰化して硬い歯石になっていきます。 たとえ薄くても歯石になってしまうと、歯ブラシでは絶対取れないので、スケーラーによる歯石除去(スケーリング)が必要になります。

完全に石灰化すると、セメント状に固められた細菌は活動できません。 だから、歯石は取らなくても大丈夫だと思いがちですが、歯石の表面はザラザラ(凸凹)しているため、さらに歯垢が付着しやすくなり、歯石がどんどん堆積していきます。 そして、歯石の表面に付着した細菌の塊である歯垢が、歯肉(歯ぐき)に触れるようになると、細菌の出す毒素によって、歯肉が炎症を起こし、歯肉炎になってしまいます。

歯肉溝に溜まった歯垢が、歯石→歯垢→歯石→歯垢・・・とサンドイッチ状に堆積していくにつれ、健康だった歯肉溝は、歯肉ポケット→歯周ポケットへと深さを増し、白~淡黄色だった歯石の色は、黄茶色~こげ茶色へと変貌して、歯周炎(歯槽膿漏)へと進行していきます。

歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク

歯肉縁(しにくえん)とは、「歯肉と歯の境目」を表します。 よって、歯肉縁上(-えんじょう)は、「歯ぐきから露出している歯の部分(歯冠)」を、歯肉縁下(-えんか)とは、「歯ぐきに覆われている歯の部分(歯根)」をそれぞれ指します。

酸素に触れている歯肉縁上プラークは、好気性細菌(虫歯菌など)が、酸素に触れない歯周ポケットにある歯肉縁下プラークは、嫌気性細菌(歯周病菌など)が占めており、歯肉縁下プラークの方が毒性が強いということになります。

プラーク(歯垢)は、最初に歯肉縁上に付着し、歯周ポケットが形成されてから、歯肉縁下へと増殖していきます。 したがって、日頃の歯磨きで、歯肉縁上プラークの内に除去することが大切となります。