犬の車椅子・製作販売 ワンホイール One Wheel

犬の歯列と歯の数

成犬の永久歯の本数は、
<上顎> 切歯(6)+犬歯(2)+前臼歯(8)+後臼歯(4)=20本
<下顎> 切歯(6)+犬歯(2)+前臼歯(8)+後臼歯(6)=22本
の合計=42本です。

子犬の乳歯の本数は、
<上顎> 切歯(6)+犬歯(2)+前臼歯(6)+後臼歯(0)=14本
<下顎> 切歯(6)+犬歯(2)+前臼歯(6)+後臼歯(0)=14本
の合計=28本です。

生まれたばかりの幼犬には、まだ歯が生えておらず、生後3週目頃から徐々に乳歯が生え始め、生後2~3ヶ月で生え揃います。 その後、生後3~7ヶ月にかけて徐々に永久歯に生え変わります。

  • 歯列の各歯の名称

    図の赤丸で示した歯は、左側の上顎(うわあご)の前から4番目にある前臼歯なので、左上顎(ひだりじょうがく)第4前臼歯(ぜんきゅうし)と呼びます。 同様に、青丸で示した歯は、左下顎(ひだりかがく)第1後臼歯(こうきゅうし)と呼びます。

    この「上顎第4前臼歯」と「下顎第1後臼歯」は、最も使用頻度の高い機能歯のため、最も汚れやすく、また破折などのトラブルを起こしやすい歯となります。

  • 歯の生えてくる順番(乳歯・永久歯とも同じ)

    下顎の切歯 → 上顎の切歯 → 下顎の前・後臼歯 → 上顎の前・後臼歯 → 下顎の犬歯 → 上顎の犬歯

  • 永久歯の本数を確認しよう

    永久歯の本数の異常は、小型犬や短頭種でよく見られます。
    42本より多い場合を過剰歯(かじょうし)、少ない場合を欠歯(けっし)と言います。

    また、永久歯が生え揃った生後7ヶ月を過ぎても、乳歯が抜けずに残る乳歯遺残(にゅうしいざん)や、欠歯と思っても歯が顎(あご)の骨(歯槽骨)や歯肉の中に埋まっている埋伏歯(まいふくし)などの異常がある場合もあります。

    過剰歯や不正咬合(-こうごう:噛み合わせが悪い)の犬は、歯垢や歯石が溜まりやすいため、歯周病になりやすいので、抜歯や歯列矯正が必要になります。