犬の車椅子・製作販売 ワンホイール One Wheel

麻酔のリスクと安全性

人間の歯科では、時に部分麻酔によって治療が行われますが、動物の場合、全身麻酔下で行われるのが一般的で、動物医療においては全身麻酔を使用することが多いのが現状です。

そこで気がかりなのが全身麻酔のリスクに関してですが、全身麻酔により重大な障害を招く事例は全体の1%未満とされています。 そのほとんどが老齢であったり疾患を抱えているために、全身麻酔に耐えうる健康状態でない場合で、若くて健康的な犬においては、リスクゼロと考えて良いくらいに、昨今の麻酔薬・麻酔装置の安全性はかなり高いと言えます。

全身麻酔をかける前に、事前検査をして、犬の健康状態を確認しますが、特に重大な病気をかかえた動物が手術を受ける場合、術者から検査結果と十分な今後の方針の説明を受け、術者が獣医師として信頼に足る人物かどうかを見極めることが飼い主の責務となります。

  • 局所麻酔

    局所麻酔とは、神経に麻酔薬を使用することで刺激の伝達を阻止し、その部分の痛みを感じさせなくするものです。 よって、麻酔をかけたい付近に直接注射麻酔をします。 なんとなく触られている感覚がある程度で、意識はしっかりしているので、体への負担はほとんどありません。

    局所麻酔は、皮膚の縫合、皮膚にできた小さな腫瘍の切除など、その場でできる程度の簡単な手術の場合に用います。

  • 全身麻酔

    全身麻酔とは、脳に麻酔をかけることで刺激の伝達を阻止するものです。 まず、麻酔をかける前に、麻酔前投与薬を注射します。 これは麻酔の導入をスムーズにしたり、術前術後の痛みを和らげる効果があります。 その10分~15分後に、注射麻酔を行います。 これにより意識がない状態になります。 注射麻酔は静脈注射法筋肉注射法により投与されます。

    その後の麻酔状態を維持するために、吸入麻酔(ガス麻酔)が使われます。 比較的短時間の手術では、注射麻酔で完了する場合もありますが、時間を要する大きな手術の場合には、吸入麻酔を行います。

    マスクを使用したり、または気管内にチューブを入れ、犬が呼吸をすることで、麻酔ガスを吸入し、麻酔状態を維持させます。 吸入麻酔は、麻酔薬の濃度の調節性に優れ、麻酔からの覚醒も早いため、麻酔方法の中で最も安全性が高いという特質を持ちます。

    全身麻酔は、開腹や抜歯などの外科手術で用いますが、その他に、歯石取りやCT、MRIなど、動いてはいけない検査目的の場合にも使用します。

  • 麻酔の事前検査麻酔の体にかかる負担と事前検査

    麻酔が負担を与える臓器は、第一に肝臓です。 肝臓の主要な働きは解毒です。 麻酔薬も一種の毒物なので、麻酔がかかると、肝臓は麻酔を解毒しようと一生懸命働きます。 そのため、麻酔後の肝臓は疲労で、機能が低下します。 したがって、高齢犬や肝臓が悪い犬に麻酔をかけると、さらに肝臓を悪化させてしまったり、麻酔の解毒ができないなどの障害が出てきてしまいます。

    次に腎臓です。 腎臓は解毒した物を尿として排泄する臓器なので、腎臓の機能が低下していると、麻酔薬が体からスムーズに排泄できないため、体の中に長く残ってしまう可能性があります。

    また、心臓に持病を抱える犬や、リスクを伴いながら麻酔をかけた犬、麻酔中に何かしらの異常があったような犬も、麻酔後に何らかの影響が残ることが懸念されます。

    このようなリスクが麻酔にはあるので、麻酔投与の事前検査として、若い健康な犬には血液検査のみを、健康な老齢犬には念のために胸部レントゲンを追加検査し、心臓に問題がある犬には更に心臓超音波検査(心エコー)心電図などを追加検査して、その健康状態に対応した麻酔薬や処方薬を投じ、麻酔後の管理を行うことになります。

  • 麻酔中のモニター管理

    全身麻酔がかかっている間は、体にいつどのような変化が起こるかわかりません。 循環器系の臓器が正常に機能しているかどうかを見るためにモニターをとります。 このモニターはいち早く異常を見つけるための大切な役割をしています。

    呼吸モニター:呼吸が正常かどうかをチェック。
    心電モニター:心臓が正常に動いているか、波形を見てチェック。
    パルスオキシメーター:血液中の酸素濃度ををチェック。
    血圧モニター:最高血圧と最低血圧および平均の血圧をチェック。